川崎市 任意整理 弁護士 司法書士

川崎市在住の人が借金の悩み相談をするならこちら!

借金の督促

「どうしてこんなハメに…。」
借金が増え、多重債務を抱え、自分一人では解決できない…。
そんな状態なら、すぐに弁護士や司法書士に相談するのが最適です。
弁護士・司法書士に借金返済・お金の悩みを相談して、最善の解決策を探しましょう。
川崎市で借金・債務の相談をするなら、まずはインターネットの無料相談サービスを試してみてはいかがでしょう?
パソコン・スマホから、今の自分の悩みや状況を冷静に相談できるから安心です。
ここでは川崎市にも対応していて、ネットで無料で相談できる法律事務所や法務事務所を紹介しています。
借金返済の悩みを解決するために、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談することを強くお勧めします。

川崎市の人が借金・任意整理の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

川崎市の債務や借金返済の悩み相談なら、コチラの事務所がお勧めです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いでもOKです。
相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能です。
個人再生、任意整理、過払い金、自己破産、など、債務の問題について無料相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話料0円)で相談受付することができるので、借金返済で困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたにピッタリの方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理についても、和解成功報酬・減額報酬などは一切取らないため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心です。
まずは無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

川崎市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金解決のための診断ツール。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士に直接相談するのは、少し気後れする。
そんな方にもピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国対応しているサービスなので、川崎市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



川崎市周辺の他の法律事務所・法務事務所を紹介

川崎市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●槙尾三也子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-19 TKビル 2F
044-233-5103
http://netyou.jp

●吉岡司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子1丁目4-2 小島ビル2F
044-221-5485
http://y-shihou.com

●溝淵司法綜合事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区新丸子町915-20 三井生命ビル 6F
044-711-3431
http://mizobuchi.com

●神奈川法務事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目29
044-739-5567
http://kanahoh.co.jp

●司法書士小串事務所
神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目8-1 シャンボール川崎砂子702
0120-313-442
http://saimuseiri-ogushi.com

●後迫司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区榎町1-8 ニッコービル 2F
044-233-8763
http://ushirosako-office.com

●関根事務所(司法書士法人)
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-3
044-844-6400
http://law-japan.com

●K&S司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-18 井口ビル1階
044-222-3210
http://ks-shihou.jp

●小山稀世・小山明子司法書士事務所
神奈川県川崎市川崎区宮前町8-15
044-211-2811
http://koyamaoffice.com

●司法書士川崎リーガルオフィス
神奈川県川崎市川崎区宮本町2-27
044-201-6836
http://kawasaki-legal.com

地元川崎市の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

川崎市に住んでいて借金返済に参っている方

借金がかなり多くなると、自分だけで返すのは難しい状態になってしまいます。
コッチでも借り、アッチでも借り、多重債務で借金がどんどん多くなっていくと、もう利子を払うのでさえ苦しい状態に…。
1人で返済するぞと思っても、できないものはできません。
親や親戚などに頼れればまだいいのですが、結婚していて配偶者に知られたくない、なんて状態なら、いっそう大変でしょう。
そんな状況ならやっぱり、弁護士・司法書士に頼るしかないのではないでしょうか。
借金を返すための知恵や計画をひねりだしてくれるはずです。
毎月の返済金額を減らしてもらい、長期で返済したり、過払い金を返還してもらい、返済金額を減額してもらったり、などです。
どうしようもない状態なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

川崎市/債務整理を依頼するのはやっぱり弁護士?|任意整理

債務整理とは、借金の返金がどうしても出来なくなった際に借金をまとめてトラブルから逃げられる法律的な方法です。債務整理には、任意整理、自己破産、過払い金、民事再生の4種類の手段があります。
任意整理は、裁判所を通さずに債務者と債権者が直に交渉をし、利息や月々の支払を圧縮する手法です。これは、利息制限法・出資法の二つの法律上の上限利息が異なる点から、大幅に縮減することができるのです。話し合いは、個人でも行う事ができますが、普通なら弁護士さんに頼みます。熟練した弁護士さんであれば依頼したその時点で問題から逃げられると言っても大袈裟ではありません。
民事再生は、今現在の情況を裁判所に認知してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらう制度です。この場合も弁護士の先生に頼んだら申し立てまですることができるから、債務者の負担は減少します。
自己破産は、任意整理・民事再生でも返済出来ない膨大な借金がある場合に、地方裁判所に申したてて借金を帳消しにしてもらう制度です。このときも弁護士の方に相談したら、手続もスムーズに進むから間違いがありません。
過払い金は、本来ならば支払う必要がないのに信販会社に払いすぎたお金の事で、弁護士又は司法書士にお願いするのが一般的です。
こういうふうに、債務整理は自身に適した手法を選べば、借金に苦しみ悩んだ日々から逃れられ、再出発をすることが出来ます。弁護士事務所によっては、借金又は債務整理について無料相談をしてる所もありますので、問合せをしてみてはいかがでしょうか。

川崎市|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

はっきり言えば世の中で言われている程自己破産のリスクは多くないです。高価な車やマイホームや土地等高価格の物件は処分されるが、生きていく中で要る物は処分されないです。
また20万円以下の蓄えも持っていても問題ないです。それと当面数カ月分の生活する為に必要な費用100万未満ならば没収されることはないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれもごく一定の人しか見てません。
又俗にブラック・リストに掲載されしまって7年間くらいの間ローンまたはキャッシングが使用不可能な状況になるのですが、これは仕方の無いことなのです。
あと定められた職種に就けなくなることも有ります。ですがこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返金することの出来ない借金を抱えこんでるのであれば自己破産を進めるというのも一つの方法でしょう。自己破産を進めたら今日までの借金がすべてチャラになり、新たに人生をスタート出来るという事で利点の方がより大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士や公認会計士や弁護士や税理士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限として保証人、遺言執行者、後見人にもなれません。また会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどもこれらのリスクはおおよそ関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きなものじゃ無い筈です。

関連ページ